ご祈祷 初宮参り 七五三参り 藤島神社 

ご祈祷について

 

文武両道の御神徳のあるお社として親しまれている藤島神社には、 多くの祈願者が昇殿されます。

祈祷参拝の内容は、初宮参りや安産 祈願、厄除けといった個人の祈願祭から商売繁盛、社運隆昌の会社 企業団体参拝などがございます。 時を重ねた木造建築の温かみのある空間と、自然との調和を果した 静かに祈りを捧げる場所がここにあります。

●祈祷参拝の受付時間
午前9:00 〜 午後16:00まで 社殿より向って左の会館窓口にて、受付を行っております。
●ご予約に関して
個人祈祷の場合、基本的には随時お受けさせて頂きますが、年中行事や結婚式等に よって参拝者のご予定にそえない場合がございます。土日祝日や日取りが良い時期 にご祈祷でお越しの際にはご一報を頂けましたら幸いに存じ上げます
●祈祷料(初穂料)について
一件5,000円以上、お志となります。※初宮参りについては7,000円以上を申し受けます。
●様々なご祈祷
藤島神社において祈祷類の多い順にご紹介申し上げます
   
■初宮参り (←クリック)
生児を抱き初めて神社に参詣し、わが子の健やかな成長を心から祈ります。 又、生後より無事に成長したこと家族の一員として祝う行事でもあります。 福井の場合、生後100日前後にお参りされる方が多く見受けられますが、 季節柄を考慮し、何分生児の体調に合わせご参詣頂けたらと存じ上げます。
■安産祈願 (←クリック)
妊娠中の胎教の大切さを説き、お母さんの安全と赤ちゃんが無事健康で 産まれますよう祈願します。神社に腹帯を持参し、腹帯そのものも祈祷 します。妊娠5か月目の戌の日に、安産奉修された腹帯をしめることで 着帯の祝いが完修されます。       ※腹帯をしめることによって産後の体型維持にもつながるといわれております。
■厄除け 

厄年の方を謹んでお祓い申し上げある神事です。古来より厄年の祓いが行われてきたが、厄年とは、一生の内で最も災厄を被る年として恐れられ、年齢的にも人生の転換期にあたり、心身の病気、怪我、人間関係の禍など様々な煩わしいことが身に振りかかってくる年と云われています。 厄年の方は特に神社で祓いを受けられ、一身の安全と生活の安寧を祈ります。
●厄年の年齢 / 男性25歳・42(大厄)・61歳  女性19歳・33(大厄)・37
上記は数え年の表記で、この年齢の前後は、前厄・後厄にあたり忌み慎みます。
※近年、女の子の十三参りのご参詣も見受けられます。

合格祈願 (←クリック)

受験にあたり障り無く志望する学校に見事合格しますように祈願致します。
合格祈願に訪れる方は学校への受験生だけでなく、就職試験や国家試験に 受けられる方のお参りもおられます。合格祈願者には、祈祷の最後に合格成就の念を籠めて御祭神の兜(複製)を かぶせ祈念申し上げます。

■車の祓い((車の交通安全))
ご購入された車そのものをお祓いする神事です。先ず神前で運転手(持ち主)の交通安全祈願を行い、そのあと車両本体(エンジンルーム・運転席・トランクルーム・助手席と後部座席、前後左右の四方角)を細かくお祓い致します。 ※近年、バイクや競技用の自転車のお祓いの方もお越しになられております。又、新たなる車のお祓いだけでなく、度重なる車両事故のお祓いの方も増えています。
■家内安全
内から起こる禍、外から入り込む災いから護り、家族が生活の安らぎに期することを神前で祈念します。お正月には、数多くのご家族がお身内の厄除けや合格祈願とともにご参詣されます。謹んで一家の安泰をお祈り申し上げます。
七五三参り(←クリック)
11月15日を中心に、3歳の男女児、5歳の男児、7歳の女児が 神社でお祓いを受け、学業の向上と健やかなる成育を祈念致します。  
藤島神社の七五三祈願の最後に男の子には兜をかぶせ、女の子には 御鏡を付け、お子様がしっかりと育ちますよう祈願致します。
■その他 社運隆昌  労働安全  病気平癒  スポーツ必勝祈願  健康長寿  良縁祈願  旅行安全
●上記の祈祷類のほか、個人の気掛かりなことによるお祓いもご相談頂ければ対応致します。
kitty お守り絵馬 藤島神社